モウコハン。

   

自動車保険を考え直す

今回、夫は通勤途中に会社所有の車で事故を起こしたため、会社で加入している自動車保険の担当者に連絡しました。

保険担当者

事故の3日後、保険会社の担当者と一緒に病院へ。被害者の男性に謝罪とお見舞いのため伺いました。

病院を出たところで、保険担当者曰く

「あの様子だと、そんなにゴネるタイプではないと思いますよ。」

いろいろな被害者を見てきた経験上、そう直感したようです。後から振り返ってみると、確かにこれは当たっていたと思います。もし「ゴネる」タイプだった場合にどう対応するかなど、いろいろとマニュアルがあるのでしょうね、きっと。

その対応ぶりというのは保険会社・担当者によってかなり差があります。このアタリ・ハズレは運なのでどうしようもないですが、納得のいくまできちんと対応してもらえるように上手くコミュニケーションしましょう。

自動車保険を考え直すキッカケに

今回の事故で保険会社の対応ぶりをみた感想としては、

・連絡回数が少なすぎる。
・今どうなっているのかなど随時知りたい情報も、こちらから求めないと教えてくれない。
・必要最低限のことをいつの間にかやっていて、事後報告の内容も必要最低限なうえ、遅い。

ということでした。何件も掛け持ちして担当しているのでしょうが、あまりにもコチラの気持ちを想像できていない、カタチだけの担当者という感じでした。

今回は会社所有の車で起こした事故だったので選びようがありませんが、これを機に、個人で入っている自動車保険について考え直しました。 保険料が安いだけの保険ではなく、ユーザーの満足度が高い保険会社を調べて加入しておいたほうがいいですね。保険料と事故対応のバランス…難しいところですが、更新のときに改めて考え直すキッカケになりました。


交通人身事故を起こしたら
ページのトップへ戻る