モウコハン。

   

オイル交換費用

オイル交換時期が来るたびに「どこでやってもらおうかな…」と悩んでいませんか?

「自分でやっちゃう!」という選択肢はココでは除外して、普通に車を預けて「やってもらう」3パターンを比較!ディーラーvsカー用品店vsガソリンスタンド、結論はコレ!

ガソリンスタンド

セルフスタンドで給油中に店員が声を掛けてきて、タイヤの空気圧点検だとかウォッシャー液補充だとか、好きなサービスを選ばせて「ただいま無料でやってます」というパターンがありますね。ちょっと優しい顔をしようもんなら、「ちょっとエンジンの音が大きいみたいです」とかなんとか言ってエンジンルームを覗き、「オイルが汚れていますね」→「当店ではこのお値段で…」「30分くらいで終わりますよ」→「ついでに…も」とウザい展開になってきます。

そのノリで「じゃ、やってもらおうか」となる前に、一旦お家へ帰って落ち着いて検討すべし!笑顔であなたに声を掛けてくる彼らは、車整備のプロではありません!!

ちなみに費用は、オイル交換だけで6,000円弱。本当に無駄な出費だったと思います。ピットで作業の様子を凝視していない限り、実は交換したフリ、一部しか交換していないなんてことも十分にあり得ると思います。

<関連記事>

車検費用 - ディーラー vs 個人整備工場

<最新版>ディーラー車検費用&各種部品交換費用

カー用品店

平日は良いかもしれませんが、土日ともなるとケッコウ待ち時間が長くなってしまいます。まず自分でオイルを選ばなければならない時点で私はノー!
休日は時間がかかるし、許せる範囲の質で安いオイルを選ぶのに毎度悩みます。工賃を含めると結局そんなに安くもない。それに、彼らもやはり(ある程度の教育は受けているとしても)車整備のプロではありません!

費用は選ぶオイル次第なので一概には言えませんが、我が家の5ナンバーミニバンなら最低でも3,000~4,000円+工賃。そして(地域的に)休日は2,3時間待ちなんてザラ。技術的にも安心できません。


ディーラー

ディーラーは費用が高いというイメージがあって敬遠する方が多いでしょうが、そんなことはありません!

たとえば東京23区内の日産で5ナンバー普通車のオイル交換をお願いしたときの費用は

・エンジンオイル交換…(技術料)540円 (オイル)2,980円
・オイルエレメント交換…(技術料)540円 (部品)1,350円
・エンジン強化剤注入…2,700円

計 8,110円(消費税8%込)

もしもエレメント(フィルター)交換とエンジン添加剤もナシでオイル交換だけだったら、たったの3,520円で済むのです!

結論

一度だけガソリンスタンドでやってもらったことがありますが、本当に交換してくれたのか怪しいほどにオイルは真っ黒。その翌月には再びオイル交換するハメに。

カー用品店のキャンペーンで『オイル交換費用たったの500円!』なんていうのも試してみたことがありましたが、どうせ安ぅ~い、なんちゃってオイルでしょう?ホントに大丈夫か?と心配になり、次のオイル交換を早めにしたり、その間の不安が拭いきれませんでした。

ある程度の品質のオイルを使えば多少の費用は仕方がないと頭ではわかっていても、なるべく安く済ませたい気持ちが先行して、後になって「やっぱりケチらないでもうちょっと出せばよかったなぁ~」なんて後悔することもありました。それで車の寿命を縮めているかもしれないことを考えると尚更です。

どちらも、かかった費用はディーラーと大差なし、または逆に高いくらい。それでいてディーラーなら任せて安心なのですから、わざわざ不安なガソリンスタンドやカー用品店でやってもらう意味って…。

私がいつも行っているディーラーでは、交換しなくていいものまで勧められて鬱陶しい思いをするなんてことも一切なく、相談すればタイヤの溝とかブレーキパッドの厚みやバッテリーなども無料で確認してくれて、修理・交換の目安を爽やかにアドバイスしてもらえるので助かります。

待っている間にジュースを出してもらって、清掃の行き届いた店内で展示の新車でも見ながらゆったりと待っていられます。そのうえ、たかがオイル交換であっても最後には無料で洗車してくれる!カタチだけじゃない整備保障も付いてる!

意外なことに費用・待ち時間は他と大差なく、…いや、むしろ予約するから早くてノンストレス、きちんと車に合ったオイルを使ってくれて、何より技術的に安心してお願いできるディーラーが最強!!(他に信頼できる馴染みの整備工場がある場合を除く)



お金のはなし
関連記事
ページのトップへ戻る