モウコハン。

   

流産手術後の快復

稽留流産による手術はこれで2度目。

術後の過ごし方や快復までの経過もだいたいわかっているため、今回は精神的に余裕がありました。

術後の経過と過ごし方

手術当日~2週間後までの状態を記録しました。

【当日】
・出血→少量。
・痛み→無し。
・手術終了3時間後に退院、帰宅しても麻酔が残っていて頭がボーッとする。油断するとすぐに眠ってしまう。会話が途切れ途切れになってしまう。
・10週で流産手術した前回よりはかなり楽で、自分で着替え・トイレ・食器の上げ下げ程度ならばゆっくりと出来る。フラフラするので壁伝いに歩かないと転びそうになる。
・自転車や車の運転は不可能。家の中を歩くのが精一杯。階段は危ない。
・食欲あり。

【術後1日】
・出血→鮮血は無し。茶色おりもの少量。
・痛み→無し。
・ものすごく酷いめまい。必要最低限の家事と子供の世話以外は動けない。座っていても頭がフラフラする。ほぼ一日じゅう横になって過ごす。
・幼稚園バス送り迎え時のみ外出。どこかに掴まっていないと倒れそう。
味覚がおかしく、何を食べても美味しくない。甘いものが食べたくなる。喉が渇く。

【術後2日】
・出血→無し。
・痛み→無し。
・ものすごく酷いめまい。必要最低限の家事と子供の世話以外は動けない。座っていても頭がフラフラする。ほぼ一日じゅう横になって過ごす。
・幼稚園バス送り迎え時のみ外出。ゆっくりとしか歩けない。
・味覚がおかしく、何を食べても美味しくない。甘いものが食べたくなる。喉が渇く。お茶が異様にマズく、水が美味しく感じる。

【術後3日】
・出血→茶色おりもの多い。
・痛み→軽い後陣痛のようなシクシクする痛みが一日じゅう続いて、夜なかなか眠れない。
・少し体が動きやすくなったように感じるが、数分続けて動くと痛みが酷くなる。
・味覚がおかしく、料理の味付けが上手くいかない。甘いものが食べたくなる。喉が渇く。
・通院のため車を運転する。短時間なので問題なし。疲れやすい。

【術後4日】
・出血→茶色おりもの少し。
・痛み→子宮が収縮する痛みを時々感じるが強くはない。
・急に体調が戻ったように感じる。ほぼ普通に動けるようになる。
・保険金請求書類を揃えるため役所へ行く。普通の速さでスタスタと歩ける。階段も問題なし。
・スーパーへ買い物に行く。ある程度重い荷物を持っていても普通に歩ける。
・疲れやすい。喉が渇く。

【術後5日】
・出血→茶色おりもの少し。
・痛み→子宮が収縮する痛みを時々感じるが強くはない。
・前日に動き過ぎてしまったせいか、また体調が悪くなる。一日じゅう寝込んで過ごす。

【術後1週間】
・出血→なし。
・痛み→なし。
・徐々に体調が良くなるが、無理をするとまたすぐに悪くなる。必要な外出以外は避け、なるべく家でゆっくり過ごす。前回の術後よりも不調が長引いている感じがする。全身麻酔の後遺症と実感する。
・術後はじめて飲酒。少ししか飲めない。美味しく感じない。

【術後2週間】
・乳首の痛み。少量の母乳が出始める(2週間ほど続く)。
・出血→数日前まで止まっていたのに、また出始める。少量。数日間続く。
・めまい・頭痛はほとんどなくなる。
・疲れやすく、夕方になると眠くてたまらない。
・ごく普通に活動でき、お酒も飲める。
・食欲が戻りきらず、何を食べても美味しくない日が多い。体調が安定しない。

一度経験しているので、こんなモンかな…という感じで不安もなく過ごしました。また、前回よりも早い段階での流産だった分、楽だったのだと思います。

2週間後に出始めた母乳に関しても前回で経験済みなので、特に驚くこともなく対処できました。


稽留流産(子宮内胎児死亡)の記録
関連記事
ページのトップへ戻る