モウコハン。

 
   
難しい質問-知って欲しい、続発性不妊のこと

あなたは誰かに、こんな質問をしたことはありませんか?

「2人目はまだ作らないの?」

既に子供がいても、いま不妊で悩む人がいます。知ってほしい、「続発性不妊」のこと。。


あるとき、ご近所さんからこんな質問をされました。

「2人目とか、考えてるんですか?」

私は一瞬、言葉に詰まってしまいました。

私が返答に困ってしまったその質問をした彼女は、とくに望みもしないまま2人の子供を授かったばかり。

私が不妊治療をしていたことも、流産したことも、全く知らずに言った一言だったのです。決して悪気はなく、世間話程度の軽い気持ちで聞いただけ。

でも、その質問に私は「う~ん…」と苦笑いすることしかできませんでした。

<関連記事>
  • 子宮内胎児死亡「稽留流産」の記録
  • 2度目の稽留流産の記録
  • 化学的流産と妊娠の兆候
  • それから間もなく、また別のご近所さんから

    「2人目の予定とか、どうなんですか?」

    この彼女にも2人の子供がいて、私の不妊治療や流産のことなどは全く知りません。私は「う~ん…ナカナカできなくてネ」と苦笑いすることしかできませんでした。

    あのねぇ…「予定」なんていうけど、そんな、まるで旅行かなんかみたいに予定立てて確実に実行できるものではないんだけどねぇ。。

    タイミングも悪かったのです。この頃は稽留流産からちょうど1年が過ぎようとしていたときで、焦らないでいこう!と思いつつも、心のどこかで”流産1年後までにはまた妊娠したい”という目標を持っていた私にとって、その質問はとても重く…。

    悲しいやら情けないやら悔しいやら…

    でもその悔しさも、どこへ持っていったらいいのかわからず、ただ、できるだけ思い出さないようにしながら時間が経つのを待つしかない…。きっと今はまだ、長男だけに愛を注ぐべき時なんだ。

    …そんな苦悩を抱えていました。


    続発性不妊

    既に子供のいる女性=年齢と意思次第でまた産める

    という単純な思い込みをしてしまいがちですが、その一人でさえ高度な不妊治療を経てようやく授かった人もたくさんいます。

    また、私のように不妊とまではいかないまでも妊娠しにくい身体だったり流産してしまったなど、他人にはわからない事情を抱えている場合も決して少なくないのです。

    だから皆さんにお願い。

    このような質問は、誰にもしないであげてください。

    私がそうだったように、既に1人子供がいる女性でも、不妊に悩まされている人は案外いるものです。

    2人目以降の不妊は 「続発性不妊」といわれ、決して珍しいことではありません。

    他人には気付かれないところで密かに苦しんでいる人がいます。よほど親密な間柄でない限り、子作りの予定についての質問は、しないであげてください。


    ママゴコロ

    スポンサーリンク
    ページのトップへ戻る