モウコハン。

   

簡単手作りリュック

長男が3歳くらいの頃。

外で飲食をしたときや公園で遊んだときなどに持っていると便利なおしり拭きハンドタオル、万が一のときのためのパンツなど、 それまでは私がバッグに入れて持ち歩いていたものを今度は長男が自分で持ち歩けるように、ピッタリサイズのリュックを作ることにしました。

トミカの生地で

長男はとにかくトミカが大好きだったので、他の選択の余地なくコレ。

手作りリュック1

基本は背中に合わせた幅・長さの巾着。それに長い紐をつけて絞れるようにしたものです。

紐も長すぎず短すぎず身体にピッタリ合った長さにしてあります。

ずいぶん簡単でシンプルなものですが、だからこそ、小さな子供の手でも難なく物の出し入れができます。

これがかなり長い間、大活躍してくれました。本人もお気に入りで、出掛けるというとこのリュックを自ら背負っていました。自分のものを自分で持つということが子供を育てると、私は考えます。何でも「やってもらう」ばかりにはさせず、自分でできることは自分で!

縫製をしっかりしてあるので、このまま次男へお下がりして更に活躍。



次男にはアンパンマンも

長男はトミカ一筋。でも次男はトミカよりアンパンマン好きだったので、お兄ちゃんのお下がりも使いつつ、次男専用リュックも追加しました。

手作りリュック2

形は同じ。維持何のほうが身体が大きかったので、これまた次男の背中にピッタリフィットするサイズで作ってあります。

結局、プライベートで使う幼児期のリュックはこの2つだけで事足りてしまい、市販のリュックやバッグを買うことはありませんでした。


ママのお制作
関連記事
ページのトップへ戻る