モウコハン。

   
     
千羽鶴の作り方 - よくあるご質問

千羽鶴の作り方 は、お陰様で多くの方々にご覧いただいております。

そこで、これまで寄せられたメールの中から『よくあるご質問』をまとめました。

引き続き、ご意見・ご感想・ご質問・ご相談をお待ちしております。お気軽にどうぞ。
【千羽鶴の作り方】ご質問フォーム

…と、その前に

これから千羽鶴を作ろうと思っている方へ。

千羽鶴は贈る相手のご迷惑にならないことが大前提です!相手の性格や状況を想像し、ご迷惑にならないかどうか、よくよく考えてから決めましょう。

千羽鶴の作り方を紹介しておいて こんなことを書くのもナンですが…
ハッキリ言って千羽鶴は保管・処分に困る物です。千羽鶴用の小さな折り紙で作ってもかなりの大きさになってしまいますし、そのイメージも考え方も人によって違います。あなたが良かれと思っていても、相手がその想いをそのまま受け取ってくれるとは限りません。

たとえば高校野球などスポーツ応援のために、ご家族・サポーターの皆さんで作るというのはとっても楽しそうですね!団結力アップにも貢献しそうですし、華やかになってステキです。

一方、病気のお見舞いとしてなら、その病状や病室の状況を把握し、贈るタイミングや方法を熟考し、決して相手のご迷惑にならないよう細心の注意を払いましょう。せっかくの想いが逆に相手のご迷惑になってしまうくらいなら、震災後に話題になった「大人の千羽鶴」の精神でお見舞い金を包むだけにしておいたほうが賢明です。やはり現金は現実的で喜ばれます。よほど親しい関係や身内または子供関係でなければ、千羽鶴は「重すぎる」と思われてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

千羽鶴はとてもステキな文化です。しかし、作り始める前にいま一度よく考えてみましょう。

それでは、以下↓よくあるご質問です。

個別のご質問・ご相談は【千羽鶴の作り方】ご質問フォームでお受けしておりますので、お気軽にどうぞ。



Q.制作時間はどれくらい?

A.家事や育児の合間に暇さえあればチョコチョコ作業して、ちょうど1週間で完成させました。

まず千羽を折るのに5日間、6日目に40羽の束を25本作って飾り&短冊を作り、7日目に合体させました。

短冊の文字を書いたのは子供ですが、それ以外は(短冊の作成も含めて)全部私ひとりで作業し、誰にも手伝ってもらっていません。 ちなみに、私は(自分でいうのもナンですが)かなり手先が器用で、且つ、こういうジミ~な作業をひたすら黙々とやるのが全く苦にならない性格です。それで「1週間」…ということで、個人差のご参考に。
大勢で作れば一日で完成させることも可能でしょう!

Q.早く作りたいのですが、コツは?

A.まず完成時のグラデーションを想像しながら配色を決めてしまい、番号を書いた袋を用意し、色別に分けて保管すること。 いくら気長な性格で一生懸命にやっていても、途中で「まだこんなにあるのか~(泣)」とゲンナリしたり飽きてしまうこともあるので、工程をちょっと工夫しましょう。 たとえば10枚ずつまとめて段階別に折っていくと、それが完成したときには一気に10個できちゃった感(もちろん気のせい)が味わえます。マラソンで「あの電柱まで!」を繰り返すのと同じで、自分を騙し騙し、やる気を持続させることが大切です。そうしないと結局は長続きせず鶴の完成度にもバラつきがでてしまうので、集中しつつも細かな目標を設定して、プチ達成感の連続→完成を目指しましょう。

Q.綺麗に作るコツは?

A.まず鶴を折るときは1折り1折り、全ての工程でキッチリ・シッカリを心掛けましょう。 繋げるときも同じくキッチリ・シッカリ確実に嵌め込んで、長さがバラバラになっていないか、ときどきチェックして揃えます。25本すべて揃ったものができるようにしましょう。




Q.飾りは○○じゃダメですか?おかしいですか?

A.当サイトでは千代紙を使った飾りをご紹介していますが、常識・良識の範囲内であればお好きなものを飾りつけて良いのではないかと私は思っています。もしかしたら私たちの知らない決まり事が存在するのかもしれませんが、そういうのも誰かしら人間が勝手に考え出したことですし…。

千羽鶴を贈るお相手への心の込もったものであり、善意に基づく常識的なもので、且つご迷惑にならないものであれば、市販品でも洋風でも問題ないでしょう。短冊・お守り・キーホルダー・小さなマスコットetc…ステキに飾ってあげてください。

ただし、病室に届ける場合は衛生面やスペースという点でもご迷惑になることが考えられますので、相手の状況をよく把握し熟慮したうえで決めなければいけません。

あとはそれを千羽鶴に付けることが物理的に可能かどうか?の問題です。あまり大きかったり重量のあるものだと壊れやすくなりますので、その点をクリアできればお好きなものを♪ と、お答えしています。

出所不明で一貫性もない噂や迷信じみたルール(怪)に振り回されるのはナンセンスです。あなたがなぜ千羽鶴を作りたいのか?その目的が明確ならば、迷うことはないでしょう。

お相手が喜んでくれて迷惑にならないものを付けるのがイチバン!!

Q.使ってはいけない色はありますか?

A.黒はダメとか、金色はダメとか、白はビミョ~とか… イロイロな意見や噂がネット上で見られますが、私個人的には、飾りと同じく贈られた相手に喜んでもらえるかどうか?で決めれば良いと思っています。

私が買った千羽鶴用の折り紙には黒は入っていませんでしたが、金色が1枚入って計1001枚入りでした。私は金色は使いませんでした。その理由は単に、1001枚目は必要なかったからです。もし普通の折り紙を使用したとしても、やはり黒・金・銀は避けたと思いますが、特に理由があるワケではなく、なんとなく…です。それでイイんじゃないでしょうか。

根拠も不明な噂に振り回されるより、自分のイメージで好きなように作るのがイイと思います。ですから、柄の折り紙を使うのもアリだと思います。




Q.1000羽じゃないとダメですか?

A.1000=「たくさん」ということですから、1000という数にこだわることはありません。1000羽揃っているから必ず願いが叶う!とか、少ないから叶わなかった!なんてことがあるとは思えません(個人的に)。アレコレと思い込むのは個人の自由ですがね…。

半分の500羽でも、もっと少ない200羽くらいでも、ミニ千羽鶴で可愛いと思います。

千羽鶴用の小さな折り紙を使っても本当に1000羽まとめてみるとケッコウな大きさになりますから、病室に届ける場合などは小さいほうが贈る相手のご迷惑にならないと考えれば、ミニ千羽鶴のほうが返って喜ばれそうですね。ほんの数羽だけで作るというのも場所を取らなくてイイと思いますし、1羽だけでも良いでしょう。

何より相手のご迷惑にならないことを最優先にしましょう。そのうえで、あなたが折ったその鶴を見て相手の方が少しでも癒され、励まされる瞬間があってくれれば大成功!!

Q.鶴の首は折る?折らない?

作り方の記事内に個人的な考えを掲載していますので、そちらをご覧ください。

Q.みんなで作りたいので、作り方のページをコピーして配ってもいいですか?

A.どうぞ どうぞ。ただし著作権は放棄していません。文章・画像の加工や編集は一切なさらずにウェブ画面をそのまま印刷してお使いください。

しかし…いまどきコピーよりシェアが主流かと思いますので、こちらも是非ご利用ください(作り方のページ シェアボタン)


    Tweet

当然ですが、無断転載・商用利用は著作権侵害になります。ご遠慮ください。

Other Contents
ページのトップへ戻る