モウコハン。

   

手作りエプロン

小さい頃からお手伝い好きの長男に、エプロンを作ってあげることにしました。

まず既製品を「買う」ということは一切考えもしないワタシ。やっぱり子どもには手作り、できるだけオリジナルのものを…をモットーに子育てをしました。

ポケモンの生地で

予告なく完成したものを見せてビックリさせたくて、長男が寝ている間にコソコソ作りました。制作時間は3時間程度でしょうか。

まずは正面から。

子どもエプロン1

ポケットだけ無地の生地で。…ドラえもんみたい?

横から。テキトーに作ったわりにはピッタリ。

子どもエプロン2

全体の形はこんな感じ。

子どもエプロン3

型紙などは使わず、長さと幅は長男の身体の大きさに合わせ、あとは想像力でテキトーに作りました。

ちなみに脇のカーブは、半分くらいは大きめのお皿の淵を使い、あとはフリーハンドで描いて型取りました。

同じ生地で三角巾も。

子どもエプロン4

後ろで結ぶのは難しいしズレやすいので、ゴムをつけてあります。これならスッポリ被るだけ。



2代目エプロン

最初に作ったエプロンが小さくなってきたので次男にお下がりして、長男には新たに2代目のエプロンを作りました。

子どもエプロン5

同じくポケモンの絵柄。もちろんこれも型紙など使わず、普通の定規&大きなお皿の淵&フリーハンドで!

今回は後ろで紐を結ぶタイプではなく、マジックテープで留められるようにしてみました。

子どもエプロン6

首にかける紐も、胸のところでマジックテープをつけるようになっています。

1代目・2代目とも、家でも学校でも小学校低学年までよく使い、やがて二人とも成長し…最後は「ありがとう」でサヨナラしました。

子どもたちがすっかり大きくなった今、こういった手作りをしていたことが懐かしく感じられますが(笑)どれもいい思い出であります。


ママのお制作
関連記事
ページのトップへ戻る